日本代表(ラグビーワールドカップ2015)が南アフリカに歴史的勝利!W杯でベスト8に入れば日本代表史上初めて!

    現在イングランドで開催されているラグビーワールドカップにて、
    日本代表が、世界ランク3位の南アフリカに歴史的大勝利をあげました!

    ラグビーW杯日本代表2015南アフリカ勝利

    ラグビー日本代表の世界ランクは13位で、
    試合前に日本の勝利を予想する人はほとんどいませんでした。

    日本国民でもラグビーに着目する人は少なく、
    今回の南アフリカへの勝利で、
    今後、話題が大きくなっていく可能性があります。

    日本代表は34-32の好ゲームで南アフリカに勝利(W杯2015)

    日本代表は8大会連続の出場を誇りますが、
    なかなか強豪に勝利することはできませんでした。

    やはり、体格差で劣る日本人が、
    世界クラスのラグビー選手に勝つのは至難の技。

    しかし、今日の南アフリカ戦では、
    最後まで粘りつ強く戦い、勝利をおさめました。

    簡単に試合内容を説明します。

    前半8分に日本のFB五郎丸選手がペナルティゴールで3点を先制。

    その後19分に南アフリカにトライを許して逆転されますが、
    逆転された直後に日本が5メートルラインでのラインアウトからモールを形成して押し込み、
    リーチ・マイケルのトライで逆転!

    そのあとにも南アフリカにトライを奪われましたが、
    10−12でほぼ同点のまま前半を折り返し、

    後半が始まってすぐに五郎丸のPGで逆転、
    その後に再び南アフリカに逆転を許すが、
    五郎丸が続けて得点を重ね、

    最終的には39メートルの角度のある、
    難しいコンバージョンゴールを決めて、
    同点のまま、好機を続け、

    最終的にヘスケスが逆転トライを決め、
    南アフリカに歴史的勝利をあげました。

    この日本代表のまさかの勝利に、
    世界の反応はすごく、
    今大会の、大きな番狂わせになりました!

    ラグビー日本代表がW杯でベスト8に入れば初めての快挙!

    このまま日本代表が順調に勝ち続ければ、
    悲願のベスト8も夢ではありません。

    今日世界ランク3位の南アフリカに勝ったことで、
    チーム全体にも、絶対的な自信をつけたことでしょう。

    特に、五郎丸選手の実力が、
    世界で通用することが証明され、
    そのエースの期待値も高まりました。

    ラグビーワールドカップ2015日本代表五郎丸

    何よりも、「日本代表」が好きな日本国民が、
    今回のラグビーW杯に関心を抱き、
    今後、さらなる声援を送ることになれば、
    選手一同、士気は一気に高まると思います。

    そして、今大会の優勝候補であった南アフリカの敗退は、
    ほかの国のラグビーファンに衝撃を与え、
    今後の日本代表の、世界からの見られ方も変わることでしょう。

    これから、今後のマークや研究も厳しくなると思うので、
    残りの試合は、南アフリカ戦以上に、慎重に戦う必要があります。

    今大会でベスト8以上に入って、
    国内でラグビーの人気が高まれば、
    「サッカー」「野球」に続いて、
    国民全体が関心を寄せられる祭り行事が増えて嬉しいですね!

    おすすめの記事
    小塚崇彦が現役引退。結婚相手(嫁)は大島由香里。父の裁判の話は嘘?本当?
    小塚崇彦が現役引退。結婚相手(嫁)は大島由香里。父の裁判の話は嘘?本当?
    フィギュアスケートのメダリスト・小塚崇彦さんの引退が明らかになりました。 2010年のバングーバー五輪では代表を担い、世界選手権では銀メダルに輝く実績を残してます。 27歳という年齢での現役引退は寂しいですが、 これまで応援していたファンからは、 「お疲れさま」という言葉ばかり。 現在の日本フィギュア人気の中でも、 小...
    山中慎介が涙のTKO負け(画像・ルイスネリ動画)。タオル投入に会長怒り、具志堅の13防衛記録届かず。
    山中慎介が涙のTKO負け(画像・ルイスネリ動画)。タオル投入に会長怒り、具志堅の13防衛記録届かず。
    日本人の現役のボクサーの中で最強とも言われている山中慎介さん。 多くのボクシングファンが、山中慎介さんが具志堅さんの13回防衛記録を更新すると信じていたことでしょう。 しかし、残酷にも13戦目となったメキシコのルイス・ネリ戦にて、 まさかの4回TKO負けを喫してしまいました。 国内最多タイの13度目の防衛を目指した王者...
    紀平梨花の海外の反応。ジュニアグランプリ優勝。出身小中学と進路の高校。顔は両親に似てる(父母)
    紀平梨花の海外の反応。ジュニアグランプリ優勝。出身小中学と進路の高校。顔は両親に似てる(父母)
    とんでもないニュースが海外から降ってきました。 現在スロベニアで行われているフィギュアスケートのジュニアグランプリ。 大会の大本命は本田真凜選手と言われていましたが、まさかの紀平梨花さんが逆転優勝! 紀平梨花さんはただ優勝しただけでなく、 なんとトリプルアクセルを大成功させたのです! ジュニアグランプリでのトリプルアク...
    高校サッカー選手権の組み合わせ(2015)。東京と静岡は意外な結果?
    高校サッカー選手権の組み合わせ(2015)。東京と静岡は意外な結果?
    12月30日に開幕する高校サッカーの組み合わせ抽選会が終わったみたいです。 今回は、前回優勝の星陵高校が再び予選を突破し聖地に帰ってきましたが、その対戦相手が、今年話題になったあの高校に決まるなど、運命に導かれたかのような組み合わせになりました。 高校サッカー選手権の組み合わせ(2015) 一回戦 2015年12月30...
    大山茂の病気(病名)。今現在も空手の伝説。息子はいるのか?
    大山茂の病気(病名)。今現在も空手の伝説。息子はいるのか?
    またスポーツ界に悲報がありました。 極真空手の初期からの功労人である大山茂さんが・・・・。 大山茂さんは10年以上前からも病気を持っており、 ここ近年は手術を受けることが多く、入退院を繰り返していたそうです。 アメリカ中心に活動していた大山茂さん、 ニューヨークの自宅で容態が急変したそうで、 運ばれた病院で、息を引き取...
    猫ひろしのオリンピック出場決定?カンボジア代表として。黒幕と微兵制
    猫ひろしのオリンピック出場決定?カンボジア代表として。黒幕と微兵制
    長距離マラソンの選手として、 リオオリンピック出場を目指していた猫ひろしさんが、 なんと、ついにカンボジア代表としてのオリンピック出場が決定的となりました。 念願の五輪出場に、各界から称賛のコメントが届きそうです。 現時メディアはすでに猫ひろしさんのオリンピック出場を報じており、 それに対するカンボジア現時の反応も気に...
    丹波慎也(横浜高校)。悲劇のエースは上地雄輔の兄のような存在。渡辺監督は写真を大切に・・・。
    丹波慎也(横浜高校)。悲劇のエースは上地雄輔の兄のような存在。渡辺監督は写真を大切に・・・。
    「悲劇のエース」として語り継がれるいる丹波慎也選手。 丹波慎也さんはかつて横浜高校に在籍した、4番エースの中心選手です。 高校野球が好きな方、特に横浜高校ファンの方なら、 「丹波慎也」の名前を必ず聞いたことがあるでしょう。 なんせ、あの渡辺元智監督が、 「素質は松坂大輔以上」と太鼓判を押した選手なのですから・・・。 丹...
    大久保嘉人の歴代最多タイ、得点記録更新への期待!ガンバ戦での発言と香川との関係。嫁との馴れ初め
    大久保嘉人の歴代最多タイ、得点記録更新への期待!ガンバ戦での発言と香川との関係。嫁との馴れ初め
    今日2016年3月5日の川崎対湘南戦の中で、 大久保嘉人(川崎)さんが通算157得点目のゴールを決め、 歴代1位の中山雅史さんと佐藤選手(広島)の記録に並びました! 30代を超えて、長く現役として奮闘する大久保嘉人さん。 年齢を感じさせないプレーは、多くのサッカーファンに希望を与えます。 今後、大久保嘉人さんが歴代記録...
    千葉すずの放送禁止にまでなった事件(裁判も?)。現在は夫と子供4人の家族?姉はいるのか・・・
    千葉すずの放送禁止にまでなった事件(裁判も?)。現在は夫と子供4人の家族?姉はいるのか・・・
    北島選手のオリンピック落選は、 日本人の大きな関心事として、 今もなお、様々な意見や憶測が飛び交ってます。 過去には千葉すず選手が、2000年のシドニー五輪選考に、 日本選手権優勝ながらも落選しました。 当時は日本選手権で2位以内に入れば、 オリンピックはほぼ確定という風潮が強かったので、 千葉すずさんの件は、日本の水...
    十二真緒(神奈川・平塚工科)は未来の女子プロ野球選手。守備と打撃の実力は?
    十二真緒(神奈川・平塚工科)は未来の女子プロ野球選手。守備と打撃の実力は?
    今年、プロ志望の高校生の一覧の中に、 まるで女性のような名前の選手がいました。 高校も神奈川の平塚工科と、特別名門な高校でもありません。 正直、「?なんだ?」と疑問に思ってしまいました。 しかし、十二真緒さんについて調べてみると、 女子選手で、平塚工科では男子に混じって野球に励んていた選手だと知りました。 平塚工科の男...