レジェンドごと武田翔太のプレミア12。なぜ永井優香が彼女と言われたのか・・・。鋭いカーブはメジャーで通用する?

    レジェンドの愛称が少しずつ定着している武田翔太さん。
    今年はソフトバンクにて素晴らしい1年を送り、このオフにはプレミア12に選出され日本代表として登板を果たしました。

    武田翔太プレミア12レジェンド

    今年の武田翔太さんのシーズン成績は13勝6敗。
    これまで課題であった2桁勝利を、ついに達成しました。

    「レジェンド」と言われるだけのポテンシャルに、
    例年は「今年こそは今年こそは」と期待されていたので、
    今季の覚醒は、多くの方が「やっとか!」と喜んだことでしょう!

    しかし、実際に活躍してしまうと、寂しいという感情に襲われますね・・・笑。

    武田翔太のプレミア12

    韓国に敗北した日本は今日、3位決定戦をメキシコと行いました。
    そこで先発として登板したのが武田翔太さんです。
    もともとは決勝での先発を予想されていた武田翔太さんだけに、少し切ない気持ちにさせられました。

    武田翔太さんはメキシコ打線を相手に好投し、3回を投げて無失点でマウンドを降りました。

    仮に日本が韓国に勝利し、決勝で武田翔太さんが投げて優勝を果たしていれば、国際試合では最も若い優勝勝利投手になっていたことでしょう。

    こうやって、紙一重の伝説を匂わすのも、
    武田翔太さんが「レジェンド」と呼ばれる理由の1つかもしれません。

    それにしても、武田翔太さんは国際試合でも海外の打者を翻弄しますね・・・これは若いうちのメジャーも視野に入るかも?

    一時期、武田翔太の彼女が永井優香だという噂が・・・

    初めに言います。これはただの噂に終わった話です。
    現在の武田翔太さんの彼女すらいないようです。

    ただ、なぜ、よりにとってジャンルの全然違う、
    フィギアスケートの永井優香選手が噂になったのでしょう?

    これは最近多い、ネット情報のこじれですかね?
    もしくはレジェンドという異名の延長で、冗談で書かれたとか?

    でも、武田翔太さんも永井優香さんも違いに若いので、
    仮に彼女であってもお似合いだったでしょう。

    これが将来、本当になったら、また伝説が1つ増えますが・・・って無責任な願望ですね、すみません!汗

    武田翔太のカーブは何種類?「ドロップカーブ」

    武田翔太彼女永井優香

    武田翔太さんは150キロを超える球速に加えて、
    多彩なカーブが持ち味とされてます。

    特にカーブは球速や変化が微妙に違う、
    数種類のカーブが投げれるようです。

    ユニークなカーブが投げれる秘訣は、
    武田翔太さんのバレー経験からの、
    独自の腕の振りが元になっているようです。

    「ドロップカーブ」と名付けられてもおり、
    そのカーブの軌道は、動画サイトでも人気となってます。

    メキシコなど海外の打者も翻弄されていたので、
    きっと武田翔太さんの変化球は海を渡っても通用することでしょう。

    仮に、将来的にメジャーで投げるならば、
    あの鋭いカーブは大きな武器となり、
    海外でも伝説的な投手の仲間入りを果たすこでしょう!

    ってのは大げさですね・・・笑

    おすすめの記事
    星陵高校サッカー部のメンバーの出身校。やはり全国の中学から集まる?セレクションもありえる・・・
    星陵高校サッカー部のメンバーの出身校。やはり全国の中学から集まる?セレクションもありえる・・・
    昨年の覇者の石川県の星陵高校サッカー部。 今年も出場を果たすなど、強豪の中の強豪です。 そんな星陵高校は本田圭祐選手の出身校としても有名ですね。 また野球では松井秀喜さんが在籍していたことも有名です。 サッカーと野球の名門で、OBも申分ない方ばかり・・・。 その両部には全国から洗練された逸材が集まってるようです。 星陵...
    福田聡志(巨人)には結婚して嫁も子供もいる・・・。構想外からの戦力外候補だったが、年俸はそれなりに。
    福田聡志(巨人)には結婚して嫁も子供もいる・・・。構想外からの戦力外候補だったが、年俸はそれなりに。
    謹慎が発表されている巨人の福田聡志投手。 プロ野球のコミッショナーからは重たい処分が下されると予想されており、今後の野球関連の仕事には支障がきそうです。 福田聡志さんは巨人のリーグ優勝に貢献した功労者。 巨人を長く応援してるファンからすると、2005年から希望枠から入団した有名な選手で、今回の事件は衝撃的なようです。 ...
    石川遼の弟は浦和高校にて活躍!年齢と共に身長も成長。キャディーとしても活躍
    石川遼の弟は浦和高校にて活躍!年齢と共に身長も成長。キャディーとしても活躍
    現在、男子プロゴルファーの中で、日本でも最も著名といえば石川遼選手。 石川遼さんは若くして才能を発揮し、大人の男になった今も洗練されたゴルフで活躍されてます。 そんな石川遼さんには8歳年下の弟がいるらしく、 その弟もゴルフを勉強し、将来が楽しみな逸材とされます。 石川遼さんの弟は現在15歳の高校生。 浦和高校にてゴルフ...
    オリンピック(東京2020)の追加種目が決定?空手・ボーリング・サーフィン。いくつ落選するのか・・・
    オリンピック(東京2020)の追加種目が決定?空手・ボーリング・サーフィン。いくつ落選するのか・・・
    5年後に迫る2020年の東京オリンピックですが、 日本での開催に、今から多くの期待がされてます。 特に話題になっているのが「追加種目」ですね! 多くの種目がすでに、 2020年のオリンピックに向かって、 選手選考に関わる公式大会に近づいてます。 そこで今回オリンピックに追加される可能性のあるスポーツが、 それを専門にや...
    羽生結弦のNHK杯(2015年)の海外の反応。フリーの曲と動画の再生数がすごい・・・
    羽生結弦のNHK杯(2015年)の海外の反応。フリーの曲と動画の再生数がすごい・・・
    NHK杯を史上最高得点で優勝を飾った羽生結弦選手。 その反応は国内に留まらず、海外からも注目されました。 羽生結弦さんのNHK杯での演技に関して、 世界各国から絶賛の声が上がっており、 もはや、日本だけのアイドル的存在ではなくなりました。 もともと海外のフィギアの玄人ファンからは注目されていた羽生結弦さんですが、 この...
    笠原将生投手(巨人)はヤンキー疑惑はグリエルに1件?父親のために捧げた勝利!
    笠原将生投手(巨人)はヤンキー疑惑はグリエルに1件?父親のために捧げた勝利!
    現在、いろいろと大変な巨人の笠原将生投手。 笠原将生さんは謹慎も謹慎の処分を受けていますが、まだ本人を信じたいファンが多くいるようです。 笠原将生さんは闘争心が前に出るタイプの選手。 かつては横浜に在籍していたグリエル選手と、あわや大惨事になりかねない場面がありました。 笠原将生とグリエルの一場面からヤンキー疑惑? 昨...
    福原愛(卓球)が中国で大人気!中国語も万能。ファンの反応と記者からの評判。泣いたのは過去!
    福原愛(卓球)が中国で大人気!中国語も万能。ファンの反応と記者からの評判。泣いたのは過去!
    現在、卓球の福原愛さんの中国での人気がすごいようです。 卓球が国技の中国にとっては、子供の頃から天才と呼ばれる少女には特別な視点があるようです。 現在27歳の福原愛選手ですが、中国でプレーをしたのは10代の頃に遡ります。 当時から中国でもボチボチな知名度があった福原愛さんは、中国のメディアの間でも取り上げられました。 ...
    宮本勝昌の嫁と家族。韓国でも知名度アップの予感・・・ブログ炎上は噂?
    宮本勝昌の嫁と家族。韓国でも知名度アップの予感・・・ブログ炎上は噂?
    昨年のJTカップの覇者であるプロゴルファーの宮本勝昌さん。 静岡県熱海出身の、43歳の名プレーヤーです。 今の日本男子ゴルフは若きプレーヤーの石川遼さんの人気がすごいだけに、 宮本勝昌さんの話題は、比較的に少なくなってきてます。 多くの選手から尊敬、信頼され、 ユーモアに溢れる宮本勝昌さんは素敵な方です。 宮本勝昌さん...
    馳浩が入閣(文部科学相大臣)!プロレスラー時代は山田邦子に怒る・・・嫁は高見恭子
    馳浩が入閣(文部科学相大臣)!プロレスラー時代は山田邦子に怒る・・・嫁は高見恭子
    今日、元プロレスラーで政治家の馳浩(はせひろし)さんが、 文部科学相の大臣に、入閣が決定しました。 元プロレスラーの政治家としては、初めての快挙のようです。 馳浩さんの入閣に関してはアントニオ猪木さん、アニマル浜口さんなど、多くの関係者からコメントが届いていました。 また、ハマーに乗って首相官邸に姿を現し、 さっそく馳...
    羽生結弦が「好き」と「嫌い」の理由。ナルシストではないと思う
    羽生結弦が「好き」と「嫌い」の理由。ナルシストではないと思う
    フィギュアスケートの羽生結弦さん。 今や日本男子フィギュアのエースとして、史上最高の評価をもらっています。 羽生結弦さんは実力だけでなく、 その品の良い高貴に雰囲気が女性に人気。 歴代の男子フィギュアの高橋選手の勢いをすでに上回るモテってぶりです。 なぜ、羽生結弦さんがこれだけ女性に愛されるのか? また、一部では嫌いと...