中村俊輔のフリーキック(4月2日通算22)。セルティック時代の伝説・・・マンチェスターサポーターからも人気?海外の反応も差別なしにすごい!
スポンサーリンク

日本サッカー界の中でフリーキックの名手といえば、
中村俊輔選手の名前が挙がるでしょう。

自分が子供の頃は中村俊輔選手のフリーキックを真似する友達が多くいましたが、
大人になった今、中村選手は37歳というベテランの域に達しました。

正直、全盛期に比べたら劣化したと言われても仕方ない時期・・・、
そもそもまだ現役で元気にプレーしていること自体がすごいのですから!

しかし、37歳のベテランになった中村俊輔選手も、
今年2016年の4月2日に決めたフリーキックが、
全盛期を思い出させるほど完璧であったと話題になったのです。

通算22本目・・・生きる伝説はまだまだファンに夢を見させてくれそうです!

中村俊輔フリーキック4月2日22本目反応動画

現在Jリーグのフリーキックでの最多のゴール記録は、
中村俊輔選手が保持している21本ですが、
先日4月2日のガンバ大阪戦で記録を22本目に更新!

生ける伝説の記録が伸びていくことは、ファンも楽しみにしてましたが、
22本目のフリーキックからのゴールは、現役の若手選手にも真似できない華麗なシュートでした。

22本目を決める前のフリーキックは転んで失敗しており、
2回目は、非常に慎重になって臨んだようです。

スライダー気味のフリーキックは、
ゴールの右隅に綺麗に吸い込まれました。

まるで中村俊輔選手の全盛期が復活したような瞬間で、
会場にいたサポーターも、テレビの前のファンも大興奮だったことでしょう。

年齢に負けずに良いプレーができるのは励みになります!

23本目、24本目はどのようなフリーキックを決めるのでしょうか?
この先、まだまだ中村俊輔選手のフリーキックは注目され続けることでしょう。

スポンサーリンク

中村俊輔の伝説のフリーキック。セルティックとマンチェスター戦い

セルティック時代の中村俊輔選手の名プレーは数知れずありますが、
特に印象深いのは、名門・マンチェスターユナイテッド戦で決めた2本のゴールです。

当時の中村俊輔選手は、いくらセルティックで活躍していたとしても、
海外での知名度は決定打に欠けていました。

しかし、名門で視聴率の高いマンU戦で、華麗なフリーキックを決めたことで、
一躍、中村俊輔選手の名前はヨーロッパでも有名になったのです。

中村俊輔選手がセルティック時代にマンUで決めた2本のフリーキック。

1回目は2006年の9月13日でした。
前半2−1でマンUにリードを許していた場面でした。

約30メートル離れた位置から低い弾道で、
ゴール右隅にグーンと曲がっていくボール、
結果、ディフェンダーもキーパーも動けないままにゴールとなりました。

中村俊輔フリーキックセルティックマンチェスターサポーター人気海外の反応差別

2回目は同じ2006年の11月21日。
前回の試合では結局負けてしまっていましたが、
この試合で決めたフリーキックは、そのまま勝利に結びつきました。

再び前回と同じように右隅に鋭く曲がるゴールを放つ。
その瞬間、中村俊輔選手の名前はイギリス中に知れ渡ったことでしょう・・・。

スポンサーリンク

中村俊輔は伝説のフリーキックで海外でも人気?海外サポーターの反応は差別なしに温かい

日本のサッカー選手が海外に行くと、受け入れられるのに時間がかかるケースが多いです。
それでも、中田選手や小野選手のように、人種を超えてその街に愛される選手もいます。

もちろん中村俊輔選手も、海外で受け入れられた希少な日本人サッカー選手です。
認められた理由をシンプルに考えれば、あの芸術的なフリーキックの恩恵というのは明らかです。

セルティックが好きな海外サポーターの中では、
中村俊輔さんの存在は中田ヒデ選手以上で、
イギリスに限っては、最も人気な日本人サッカー選手かもしれません。

動画サイトの中でも中村俊輔選手のプレー動画に関して、
海外の方のアカウントからコメントがついてるケースが多いです。
動画再生数も兼ねて、中田ヒデ選手に引きを取らない人気です!

先日の4月2日の22本目のフリーキックに関しても、
海外からの反応が激しく、37歳という年齢が信じられないという意見が多かったです。

まだまだ現役ということに驚くファンが多いようなので、このまま40歳まで驚異的なフリーキックを量産して、サッカー選手の限界や常識を覆して欲しいですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事