千葉翔太と佐藤涼平の思い出。現在は日大で頑張っているという

スポンサードリンク

千葉翔太と佐藤涼平の思い出。現在は日大で頑張っているという今年も甲子園が始まりますが、
宮城の代表は花巻東に決まりました。

花巻東といえば、大谷翔平投手や、
菊池投手など、甲子園を沸かせた豪速球投手のイメージが強いです。

そして、個人的に印象深い選手といえば、
佐藤涼平選手と、千葉翔太選手です。

千葉翔太佐藤涼平似てる

花巻東のチームカラーは、
毎年、泥臭く勝ちにいくような、
ある意味、高校生らしいスタイルが多いですが、

佐藤涼平選手や、千葉翔太選手は、
脚力とバットコントロールを生かし、
チームの流れを引き寄せる活躍をし、
花巻東の戦略に斬新さを加えたのです。

特に2013年の代表だった千葉翔太選手は、
「カット打法」という、四球が出るまで、
相手投手の球をカットし続ける打撃で、
一躍、有名になりました。

千葉翔太選手は相手投手に多くの球数を投げさせ、
最終的に四球による出塁を重ね、
大会の出塁率は大会最高の数字を残していました。

千葉選手は佐藤選手と同じく、
ポジションは外野で、身長の低さも同じ。
多くの人が「そっくりだ!」と注目していました。

野球をやっていく上で、
背の低さをコンプレックスに思う人は、
このふたりの活躍で、大変刺激を受けたことでしょう!

スポンサードリンク



千葉翔太の現在は大学野球(日本大学)で奮闘

甲子園で活躍をした後に、
花巻東高校から日本大学に進学し、
現在でも野球を続けています。

一部の人は、バットが金属から木製に変わったことで、
千葉選手がこれまでの活躍をするのは難しいと言っていますが、
本人は、高校時代の自分のスタイルを大切に貫いているみたいです。

千葉翔太ドラフト

まだまだ正式にレギュラーになっているわけではないみたいですが、
おそらく3年4年と、どんどん出場機会は固定され、再び話題になることでしょう!

個人的にはプロ野球選手になった千葉選手を見てみたいですが、
本人にプロ志望かあるかはわかりません。

かつての佐藤選手は、特にプロに行きたいとも言っていなかったので、もしかしたら千葉選手も同じ考えかもしれません・・・。

もし、大学でも、高校時代と同じような活躍ができれば、
この先、最強の個性派として、名プレーヤーとして球界に残ることでしょう!



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です