松中信彦が退団会見。2軍成績をみると「問題行動」を実感。獲得に動く移籍先は?(現役続行)

スポンサードリンク

松中信彦が退団会見。2軍成績をみると「問題行動」を実感。獲得に動く移籍先は?(現役続行)今日、ソフトバンクの松中信彦選手がヤフオクドームにて退団会見を行ったようです。
引退の噂が強かった松中信彦さんが、まさかの現役続行を希望し、「退団」という形をとったのは衝撃でした。

松中信彦退団引退移籍先

松中信彦さんが現役続行を選んだ理由の中には、
やはり元三冠王の意地というか、野球に対する素朴な情熱を感じました。

ソフトバンクの退団を発表した松中信彦さんは、

「入団するときに逆指名でホークスを選んで、『最後はホークスで終わりたい』と、そういう気持ちはありましたけど」
「やっぱりそれ以上に野球がしたい、悔いのないような野球人生を送りたいと、そういうのが一番強かったので」
「少しでも可能性があるのであれば、やっぱり現役にこだわって、もう一回復活する姿をファンの皆さんに見せたいと思います」

と、現役続行の理由と、19年間お世話になったソフトバンクへの感謝の想いを述べてました。

松中信彦が引退ではなく「退団」を選んだ理由

かつては5億もの年俸をもらった男が、
現在ではわずか数千万の年俸に落ち着き、
それでも2軍ではがむしゃらにプレーしてました。

今年の松中信彦さんには引退疑惑が流れ、
最近1軍に昇格された際には、
「引退試合への布石」として見られてました。

しかし、結局、今日行われた会見のなかで、
松中信彦さんは引退ではなく、他球団での現役続行を希望しました。

19年間のフランチャイズ選手が、ここまできてまさかの退団・・・。
古くからのソフトバンクファンには衝撃的な出来事になったことでしょう。

これから松中信彦さんが他のチームに移籍し、
ソフトバンク以外のユニフォームを着てプレーすると思うと、
全盛期に中軸で日本一に貢献した男の最期としては違和感ありまくりです。

ただ、最後には意地とかプライドとかではなく、
素朴な野球愛を持った決断をしたことに、感心してる方も多いでしょう。

高年俸なイメージの選手が、ここまできて、「野球がしたい」と語るのだから・・・。

スポンサードリンク



松中信彦の退団の理由は「問題行動」?2軍成績は良かったのに昇格されなかった

今年のソフトバンクはかねてからの若手の覚醒と、
大金を注いで移籍してきた選手の大活躍でぶっちぎりの優勝。

正直、松中信彦さんの存在に後ろめたさはなく、
ファンは、今のメンバーでの優勝に満足してることでしょう。

それも、ここ最近に松中信彦さんが行ってしまった、
ある問題行動が、チームとファンの信頼を薄めたのです。

それは、ある年のソフトバンクの優勝が決定した時期。
ソフトバンクは優勝セレモニーを行ったのにもかかわらず、
チームのベテランである松中信彦さんの姿がなかったというのです。

松中信彦さんが優勝セレモニーにこなかった理由は、
その前の試合で、その日「今日は代打はない」と言われたのに、
秋山監督に代打に出されたことが、気に入らなかったようです。

その行動は「問題行動」としてみられ、
翌日、松中信彦さんは監督に直接2軍行きを言い渡されたそうです。

松中信彦問題行動2軍成績

のちに松中信彦さん本人は、その問題行動について、
「問題は優勝セレモニーに出なかったのが一番。
監督、チームメート、ファンに迷惑をかけたのは事実。
意識を高めて若手の見本になれるように頑張ります」と述べてました。

実は今年の松中信彦さんは2軍の成績自体はとてもよく、
1軍に昇格されないのは、選手層の厚さに加えて、
その問題行動の件が引っ張られたからだと推測されます。

ちなみに今年の松中信彦さんの2軍成績は、
打率.299、本塁打11、打点38とチームでもトップの成績でした。

松中信彦を獲得した球団。移籍先はすぐに見つかる?

現在の松中信彦さんは年俸も安く、
2軍では良い成績を残せる選手で、
1軍で代打で出場しても、他の若手よりも結果が期待できます。

正直、松中信彦さんを欲しがる球団は多くあると思われ、
このオフに獲得に動く球団は多いと思います。

また松中信彦さんは2000本安打に王手をかけてるので、
この大記録達成と、引退試合とセレモニーのイベントも期待できるので、
松中信彦さんの花道を演出したいと思う球団もありそうです。

仮にもオールスターの常連であったり、
WBC優勝メンバーの一人であった選手。

1度でも三冠王を獲得した球界のビッグスターです。
若手選手も、松中信彦さんから吸収するべきことがたくさんです。

ソフトバンクでは、このような形で退団になりましたが、
松中信彦さんの移籍先の球団は、簡単に見つかることでしょう!



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です